特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ハナマウイ旋風再び 新人一挙に17人採用 超買い手市場の舞台裏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年の南関東2次予選で第3代表として本大会初出場を決め、喜び合うハナマウイの選手たち=埼玉県営大宮公園野球場で2020年10月7日、北山夏帆撮影
昨年の南関東2次予選で第3代表として本大会初出場を決め、喜び合うハナマウイの選手たち=埼玉県営大宮公園野球場で2020年10月7日、北山夏帆撮影

 前回の都市対抗野球大会で初出場を果たし、2年連続の東京ドーム行きを狙うハナマウイは28日開幕の南関東2次予選に出場する。今季は17人もの新人選手が加入。ハナマウイに人々はなぜ魅せられるのか。

 「まぐれです。勢いでした」。プロ野球・オリックスなどで活躍した本西厚博監督(59)は、初参戦だった昨年の南関東2次予選を振り返る。第2代表決定トーナメントでは日本選手権優勝の経験もある日本製鉄かずさマジックに粘り勝ち、YBC柏との第3代表決定戦は圧勝で初の本大会出場を決めた。

 東京都内でデイサービス施設を運営する「ハナマウイ」が母体のクラブチームだ。都市対抗初出場を決めたことで、ハワイ・マウイ島…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1428文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集