白鵬は「世紀の力士で誇り」 出身地モンゴルで称賛の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
照ノ富士(右)を小手投げで降し45回目の優勝を決めた白鵬=名古屋市中区のドルフィンズアリーナで2021年7月18日、兵藤公治撮影
照ノ富士(右)を小手投げで降し45回目の優勝を決めた白鵬=名古屋市中区のドルフィンズアリーナで2021年7月18日、兵藤公治撮影

 「世紀の力士で、モンゴルの誇りだ」。大相撲の横綱・白鵬の引退の意向を受け、出身地モンゴルで27日、功績をたたえる声が相次いだ。

 モンゴル出身の元小結・旭鷲山、ダバー・バトバヤル氏は「1カ月ぐらい前に日本で白鵬と食事をした」と明かした。白鵬は「体がぼろぼろで、そろそろ……」と引退を示唆していたという…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

あわせて読みたい

注目の特集