特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日本製鉄大分などが勝利 都市対抗九州2次予選が開幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【沖データコンピュータ教育学院-苅田ビクトリーズ】完封した沖データコンピュータ教育学院の仲道=北九州市民球場で2021年9月28日午前9時51分、吉見裕都撮影
【沖データコンピュータ教育学院-苅田ビクトリーズ】完封した沖データコンピュータ教育学院の仲道=北九州市民球場で2021年9月28日午前9時51分、吉見裕都撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の九州2次予選は28日、北九州市民球場などで開幕した。第1代表決定トーナメント1回戦4試合が行われ、沖データコンピュータ教育学院が5―0で苅田ビクトリーズを破った。ビッグ開発クは宮崎梅田学園に6―3でサヨナラ勝ち。エナジックが初出場の大福ロジスティクスを3―0で降し、日本製鉄大分が3―1で九州三菱自動車に競り勝った。

 沖データコンピュータ教育学院・林亮介監督 エースの仲道が完封し、4番の藤岡が本塁打を放って理想的な展開だった。緊急事態宣言中は公営グラウンドが使えず、室内練習場だけだったが、選手はよく頑張ってくれた。(ホンダ熊本との次戦へ向け)はるかかなたの強いチームなので学生らしく思い切りぶつかってほしい。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文501文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集