特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

日立製作所コールド勝ち 都市対抗北関東2次開幕、3試合行う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【茨城日産-エイジェック】先発して7回1失点と好投したエイジェックの金城=日立市民運動公園野球場で2021年9月28日、斉藤雅春撮影 拡大
【茨城日産-エイジェック】先発して7回1失点と好投したエイジェックの金城=日立市民運動公園野球場で2021年9月28日、斉藤雅春撮影

 都市対抗野球2次予選北関東大会は28日、茨城・日立市民運動公園野球場で開幕し、3試合が行われた。第1代表決定トーナメント1回戦では、日立製作所が10―0の七回コールドで太田暁工業クラブを破り、エイジェックは3―1で茨城日産を退けた。第2代表決定トーナメント1回戦では、茨城日産が太田暁工業クを11―2で降した。

 日立製作所・和久井勇人監督 初戦は私が一番緊張するが、二回に一挙7点を取ることができ、先発投手の西山も低めを突く持ち味を出してくれた。いい形で次につながる勝ちだった。

 エイジェック・難波貴司監督 全体的に硬かった。若いチームなので仕方がないが、よく粘ってくれた。勝因は投手が頑張ってくれたこと。ピンチに冷静に投げた。次の日立には胸を借りるつもりでやります。

 茨城日産・渡辺等監督 (今年創部で初の2次予選)チャンスでバントができない、四球が絡んで失点してしまうなど、課題がまだ克服できていない。しかし、選手は若くて経験のない分、伸び率は大きい。これからは後のない戦いとなる。選手がどういう姿を見せてくれるか。

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集