特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

JR東日本が延長戦を制す、セガサミーは快勝 都市対抗東京2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【セガサミー-鷺宮製作所】四回表セガサミー無死、本塁打を放った根岸を大喜びで迎えるチームメート=大田スタジアムで2021年9月28日午前10時57分、川村咲平撮影 拡大
【セガサミー-鷺宮製作所】四回表セガサミー無死、本塁打を放った根岸を大喜びで迎えるチームメート=大田スタジアムで2021年9月28日午前10時57分、川村咲平撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)東京2次予選は28日、大田スタジアムで第2代表決定トーナメント2回戦2試合が行われた。JR東日本は延長戦の末、明治安田生命に5―4で勝利。セガサミーは小刻みに得点を重ね、鷺宮製作所に5―1で快勝した。明治安田生命と鷺宮製作所は、第4代表決定トーナメントに回る。

 セガサミー・西田真二監督 負けたら終わりと割り切って臨んだ。打線は要所で得点が取れた。特に九回、相手守備の乱れから2点追加できたのが効きました。先発の草海は粘り強く投げたが、投手が全体的に四死球が多かったのが気になる。特に(中継ぎで登板した)横山に立ち直ってもらわないと。第2代表への挑戦権を目指して、次も一戦必勝で臨む。

 鷺宮製作所・岡崎淳二監督 打線はつながらなかったが、チャンスは作れていたのであと一本を出せるかどうか。ボール球を振らされてしまった。先発の平川は試合は作ってくれた。他の投手陣も踏ん張ってほしかった。これで負けられなくなったので、思い切ってやるだけです。

 JR東日本・浜岡武明監督 都市対抗のしんどさを味わった試合。選手は魂がこもった野球を見せてくれた。(決勝本塁打の)菅田はずっと状態が良かった。勝利への執念が乗り移ったような一打だった。(先発の)山田は追加点をもらい、守りの投球に入った。大会を通じて成長してほしい。

 明治安田生命・岡村憲二監督 選手が執念を見せてくれたので、何とかものにしたかった。打線は2次予選を通じてしぶとくつなぐ攻撃ができている。投手陣も粘り強く投げてくれた。(負けたら後がない次戦に向けて)ここまで来たら技術ではなく、気持ちをぶつけたい。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

最新写真

注目の特集