特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ヤマハが第1代表 3年連続42回目の切符 都市対抗東海2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ヤマハ-ジェイプロジェクト】五回表ヤマハ無死満塁、同点の左前適時打を放ち笑顔を見せる相羽(右)=愛知県岡崎市の岡崎市民球場で2021年9月28日、兵藤公治撮影
【ヤマハ-ジェイプロジェクト】五回表ヤマハ無死満塁、同点の左前適時打を放ち笑顔を見せる相羽(右)=愛知県岡崎市の岡崎市民球場で2021年9月28日、兵藤公治撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東海2次予選は28日、愛知・岡崎市民球場で第1代表決定戦が行われ、ヤマハ(浜松市)が8―3でジェイプロジェクト(名古屋市)を降し、3年連続42回目の本大会出場を決めた。ヤマハの永浜晃汰が優秀選手賞を受賞した。

 第2代表決定トーナメント1回戦では、東邦ガス(名古屋市)が三菱自動車岡崎(岡崎市)に4―0で完封勝ち。30日の第2代表決定戦でジェイプロジェクトと対戦する。【松本晃、森野俊】

 ヤマハが先発全員安打の猛攻で、快勝した。2点を追う五回に、5安打を集めて逆転。八回には永浜の右前適時打などで突き放した。ジェイプロジェクトは先制したが、追加点の好機にあと一本が出なかった。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文697文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集