特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

三菱重工East、都市対抗本大会へ 東芝降し、2年ぶり12回目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東芝-三菱重工East】九回裏三菱重工East2死一、二塁、江越海(左から2人目)がサヨナラ打を放ち、本大会出場を決めて喜ぶ三菱重工Eastの選手たち=横浜スタジアムで2021年9月28日、前田梨里子撮影 拡大
【東芝-三菱重工East】九回裏三菱重工East2死一、二塁、江越海(左から2人目)がサヨナラ打を放ち、本大会出場を決めて喜ぶ三菱重工Eastの選手たち=横浜スタジアムで2021年9月28日、前田梨里子撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の西関東2次予選は28日、横浜スタジアムで第1代表決定戦があり、三菱重工East(横浜市)が東芝(川崎市)を降し、第1代表で2年ぶり12回目の本大会出場を決めた。三菱重工Eastは同点で迎えた九回、代打で登場した主将・江越海地の適時打でサヨナラ勝ちした。

 13年連続43回目の出場を目指す東芝は29日に第2代表を懸け、2年連続51回目の出場を狙うENEOS(横浜市)と対戦する。

 代表決定リーグでは、3チームが1勝1敗で並んだため、6年ぶりの代表決定トーナメントで本大会出場切符を争っている。本大会は11月28日から12月9日まで東京ドームで行われる。

 三菱重工East・佐伯功監督 二回の無死満塁のピンチを1点でしのげたことが大きかった。先発の本間が粘り強い投球で完投してくれ、最後は代打でキャプテンが決めてくれて、何とか勝ちたい執念が勝利につながった。三つのチームが一つになり、再編元年に代表権をとれたことが大きい。本大会では日本一を目指す。

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集