特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

想定外のサヨナラアーチ ビッグ開発クがビッグな勝利 都市対抗九州

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【宮崎梅田学園-ビッグ開発ク】九回裏ビッグ開発ク2死一、二塁、美崎が左越えにサヨナラ3ランを放つ=北九州市民球場で2021年9月28日午後3時41分、吉見裕都撮影 拡大
【宮崎梅田学園-ビッグ開発ク】九回裏ビッグ開発ク2死一、二塁、美崎が左越えにサヨナラ3ランを放つ=北九州市民球場で2021年9月28日午後3時41分、吉見裕都撮影

 「想定外」のサヨナラアーチでビッグ開発クがビッグな勝利をつかんだ。都市対抗野球九州2次予選でビッグ開発クが美崎直聖内野手(27)のサヨナラ3ランで宮崎梅田学園を破った。

 3―3の九回、ビッグ開発クは2死から敵失と安打で一、二塁の好機を作った。打席は4番の美崎。「うちは4番が決まらない」と悩んでいた下地監督が前日の打撃練習の鋭い振りを見て、普段は3番が多い右打者を抜てきした。美崎は五回にも同点の左越えソロを放っており、期待が高まる中、「体が反応した」と高めの真っすぐをドンピシャリで捉えると、打球はあっという間に左翼フェンスを越えた。

ビッグ開発クの美崎=2021年9月28日午後4時3分、吉見裕都撮影 拡大
ビッグ開発クの美崎=2021年9月28日午後4時3分、吉見裕都撮影

 「長打力はあるが想定外の活躍」と下地監督が言えば、サヨナラ本塁打も1試合2本塁打も人生初という美崎も「自分でもびっくりしました」と笑った。沖縄大出身の5年目。自身の活躍に驚きはしたが、「フォーム修正の手応えはあった」と打撃覚醒の予感はあったという。

 ビッグ開発クは2016年の全日本クラブ選手権優勝の実績はあるものの、都市対抗本大会出場はない。そのクラブチームが19年に本大会出場を果たした宮崎梅田学園から白星を挙げた。次戦は今季、1次予選と練習試合で3連敗中と分が悪い沖縄電力。「きょうのように必死にやるだけ」と美崎。下馬評を覆す「想定外」の勝利をつかめるか。【吉見裕都】

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集