姫路市議が不当要求 市催しに中止圧力 市倫理審答申 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 有識者でつくる姫路市職員倫理審査会(会長・荒川雅行関西学院大大学院教授)は28日、市議が市の職員に威圧的な言動をしたとして、職員倫理条例に基づき不当要求行為に該当すると認定した答申を清元秀泰市長に渡した。

 不当要求行為をしたと認定されたのは三木和成市議(70)で、答申によると、2021年1月と2月…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集