特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民党新総裁、午後に選出へ 決選投票で決着か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選公開討論会で話す(左から)河野太郎氏、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子氏=東京都千代田区の同党本部で2021年9月20日、いずれも宮武祐希撮影 拡大
自民党総裁選公開討論会で話す(左から)河野太郎氏、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子氏=東京都千代田区の同党本部で2021年9月20日、いずれも宮武祐希撮影

 菅義偉首相の自民党総裁任期満了に伴う総裁選は29日午後、東京都内のホテルで国会議員の投票が行われ、党員・党友票と合わせて即日開票される。河野太郎行政改革担当相(58)=麻生派、岸田文雄前政調会長(64)=岸田派、高市早苗前総務相(60)=無派閥、野田聖子幹事長代行(61)=無派閥=の4氏が立候補している。1回目の投票は、どの候補も過半数に届かず、上位2人による決選投票で新総裁が選出される見通しだ。

 開票結果の発表後、同じ会場で両院議員総会を開いて第27代総裁を選出する。新総裁は30日に党役員人事を行い、10月4日召集の臨時国会で第100代首相に選ばれる予定だ。

 河野氏は菅首相の支持を受け、石破茂元幹事長や小泉進次郎環境相とも連携し、知名度の高さを武器に支持拡大を図ってきた。党員票では先行している。29日、都内で記者団に「国民の広い支援をいただけた。支援を背にしっかり勝ち抜いていきたい」と語った。

 4氏の中で唯一派閥の会長を務め、2020年の前回総裁選に続いて2度目の挑戦となった岸田氏は、ベテラン議員や参院議員の支持を追い風に国会議員票で他候補をリードしている。都内で29日、記者団に「やるべきことはやった。後は天命を待つ。勝利を確信している」と力を込めた。

 安倍晋三前首相の後押しを受ける高市氏は、自然災害やサイバー攻撃への対応強化などを訴え、皇位継承資格を「男系男子」に限るべきだと主張。保守派の国会議員や党員を中心に支持を拡大してきた。国会内で29日、記者団に「(勝算は)ある。訴えた政策に自信を持ち、必ず勝ちに行く」と強調した。

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影 拡大
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 多様性の尊重を掲げる野田氏は、選択的夫婦別姓の実現や女性・障害者向けの施策の拡充などを主張してきた。国会議員票、党員票のいずれも伸び悩んでいる状況だ。29日午前、国会内で「100%以上の活動ができたことを誇りに思う。子供たちや苦しむ人たちに生きる喜びを見いだしていただきたいとの思いで頑張ることができた」と述べた。

 今回の総裁選は、国会議員票382票と党員票382票の計764票で争われ、過半数を得た候補が新総裁に選出される。党員票は、全国の党員・党友による投票結果を党本部で全国集計し、ドント方式で各候補に配分される。1回目で誰も過半数に届かない場合、上位2人が国会議員票(382票)と都道府県票(47票)の計429票を争う決選投票に進む。1回目よりも比重が大きくなる国会議員票の行方が焦点となる。

 党員票で優勢な河野氏が1回目で1位になることを見越し、岸田氏と高市氏の陣営は、2位の候補を3位の候補が支援して逆転勝利を狙う「2位3位連合」を検討している。岸田氏と高市氏との2位争いの結果次第で情勢が大きく変わる可能性もある。【李舜、畠山嵩】

自民党総裁選の主な流れ(29日)

午後1時 東京都内のホテルで国会議員が投票

午後2時20分ごろ 国会議員票、党員・党友票の開票結果を発表

※決選投票の場合

午後3時40分ごろ 国会議員票、都道府県票の開票結果を発表

開票結果発表後  両院議員総会を開き新総裁を選出。臨時の役員会・役員連絡会合同会議、総務会を開催

夕方       党本部で新総裁が記者会見

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集