特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

高市早苗氏の支援者ら「次こそ」 地元・奈良で悔しさと期待の声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
テレビで開票の行方を見守る高市氏の関係者ら=奈良県大和郡山市の事務所で2021年9月29日午後2時5分、熊谷仁志撮影
テレビで開票の行方を見守る高市氏の関係者ら=奈良県大和郡山市の事務所で2021年9月29日午後2時5分、熊谷仁志撮影

 奈良県大和郡山市筒井町の高市早苗前総務相(60)の地元事務所では、支援する岩田国夫県議や地元秘書ら計7人がテレビで自民党総裁選の投開票の様子を見守った。1回目の投票で3位となり、決選投票には進めなかったが、「初挑戦でよく頑張った」とねぎらう声や、「次こそは女性初の首相に」と期待する声が聞かれた。

 結果について、岩田県議は「4人の(候補者の)中で一番ぶれないし、国家観がしっかりしていた。初めての挑戦なので、…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集