特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民新総裁に岸田文雄氏 識者が分析した「勝因」と今後の政権

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の新総裁に選出され、立ち上がって拍手に応える岸田文雄前政調会長(中央)=東京都港区で2021年9月29日午後3時4分、竹内紀臣撮影
自民党の新総裁に選出され、立ち上がって拍手に応える岸田文雄前政調会長(中央)=東京都港区で2021年9月29日午後3時4分、竹内紀臣撮影

 菅義偉首相の自民党総裁任期満了に伴う総裁選は29日、投開票された。岸田文雄前政調会長(64)=岸田派=が決選投票で河野太郎行政改革担当相(58)=麻生派=を破り、第27代総裁に選出された。任期は2024年9月末までの3年。岸田氏は10月4日召集の臨時国会で第100代首相に選ばれ、岸田内閣が発足する。総裁選について2人の識者に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1309文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集