特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

岸田文雄新総裁 自民党の変化、具体的に示して

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁に当選し、立ち上がり拍手に応える岸田文雄前政調会長=東京都港区で2021年9月29日午後3時3分、梅村直承撮影
自民党総裁に当選し、立ち上がり拍手に応える岸田文雄前政調会長=東京都港区で2021年9月29日午後3時3分、梅村直承撮影

 つい1カ月前まで衆院選惨敗の影におびえていた自民党は、「本命不在」といわれた総裁選をしたたかに利用し、局面を変えることに成功した。大方の予想を覆し、岸田文雄氏が1回目の投票でトップに立ったことで、同氏の正統性も強まったといえる。しかし、党の顔が変われば、8年9カ月にわたる安倍・菅政権の負の側面が無条件にリセットされるわけではない。

 岸田氏が勝利した背景として、菅内閣の支持率が下落し続けた時期も、自民党の支持率は比較的高いままだったことが挙げられる。総裁選告示後の18日に毎日新聞が実施した世論調査では、同党の支持率は8月の26%から37%に上昇し、立憲民主党など野党は伸びていない。こうした中、外相や党政調会長を歴任した岸田氏の安定感に自民党内の支持が集まった。河野太郎氏は発信力に定評がある半面、時に強引な言動が目立ち、来年夏…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文918文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集