大型の台風16号北上 太平洋側では10月2日にかけて大しけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影

 大型で非常に強い台風16号は29日、日本の南を北上した。気象庁によると、30日以降に進路を北東へ変え、10月1日には強い勢力のまま伊豆諸島にかなり接近し、大荒れとなるおそれがある。3日までに温帯低気圧に変わる見込み。

 台風16号は29日午前9時現在、日本の南を時速15キロで北上。中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径185キロ以内では風速25メートル以上の暴風…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集