マイナンバー訴訟 福岡高裁、原告側の控訴棄却 上告へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡高裁=福岡市中央区で、吉川雄策撮
福岡高裁=福岡市中央区で、吉川雄策撮

 マイナンバー制度は憲法13条が保障するプライバシー権などを侵害し違憲だとして、福岡県と鹿児島県の男女17人が国に個人番号の利用差し止めや慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決で福岡高裁(増田稔裁判長)は29日、原告側の請求を棄却した1審・福岡地裁判決(2020年6月)を支持し、原告側の控訴を棄却した。原告…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文343文字)

あわせて読みたい

注目の特集