障害児の逸失利益裁判 運転手側主張変更、父親「差別変わりない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
口頭弁論後の記者会見で裁判への思いを語る井出努さん=大阪市内で2021年9月29日午前10時56分、芝村侑美撮影
口頭弁論後の記者会見で裁判への思いを語る井出努さん=大阪市内で2021年9月29日午前10時56分、芝村侑美撮影

 大阪市生野区で2018年、暴走した重機にはねられて亡くなった大阪府立生野聴覚支援学校5年、井出安優香さん(当時11歳)の両親が、運転手と当時の勤務先に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が29日、大阪地裁(石丸将利裁判長)であった。

 被告側は、争点となっている安優香さんが将来得られたはずの収入(逸失利益)の算出方法に関する主張を変更した。父の努さん(48)は弁論後に「主張が変わって…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

ニュース特集