教育の危機、声上げねば 大阪市長に直言、校長の覚悟 過度な競争、子ども成長後回し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
シンポジウムで提言書を書いた経緯を語る久保敬校長=同市生野区で2021年8月22日午後2時2分、野田樹撮影
シンポジウムで提言書を書いた経緯を語る久保敬校長=同市生野区で2021年8月22日午後2時2分、野田樹撮影

 緊急事態宣言下で大阪市が急きょ導入したオンライン学習を巡り、「学校現場が混乱した」と松井一郎市長に実名で提言した市立小の現職校長が8月に市教委から処分を受けた。その主張は単なる批判にとどまらず、競争原理が幅を利かせる公教育に疑問を投げかける。提言に対しては共感と批判が入り交じり、反響は今も続く。一体何が校長を異例の直言へと突き動かしたのか。

 「豊かな学校文化を取り戻し、学び合う学校にするために」。そんなタイトルの提言書を市立木川南小(淀川区)の久保敬校長(59)が書いたのは、オンライン学習への不満が発端だった。オンライン学習は松井市長が4月に突如、導入する考えを表明。約1カ月間、対面授業との併用で行われた。しかし、通信環境の整備などが不十分で、教育現場は準備で大きな負担を強いられた。

この記事は有料記事です。

残り2359文字(全文2706文字)

あわせて読みたい

ニュース特集