特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民総裁に岸田氏 県内、河野氏が最多 党員・党友票 /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選の開票作業=松山市道後町2の愛媛県民文化会館で、遠藤龍撮影
自民党総裁選の開票作業=松山市道後町2の愛媛県民文化会館で、遠藤龍撮影

 自民党総裁選は29日投開票され、岸田文雄前政調会長が決選投票で河野太郎行政改革担当相を破って当選した。コロナ禍で難しい政権運営を迫られ、「火中のクリを拾った」(渡部浩・県連幹事長)形の岸田氏に対し、県民らからは早速、感染症対策と経済の立て直しの両立や、国民の声に耳を傾けるよう求める声が上がった。【中川祐一、遠藤龍、山中宏之】

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文999文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集