連載

翔べ!!V・ファーレン

長崎のサッカーを取材し、専門誌などにも執筆する長崎在住の藤原裕久さんがV長崎の情報を伝えます。

連載一覧

翔べ!!V・ファーレン

サッカー 京都戦にひるむ要素なし /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山口戦を欠場したカイオ選手も京都戦は出場予定だ。“正念場”での活躍を期待したい
山口戦を欠場したカイオ選手も京都戦は出場予定だ。“正念場”での活躍を期待したい

 重要な場面を指す「正念場」という言葉は、歌舞伎では「性根場」と書くこともあるという。演者が役の神髄的な性格(性根)を十分に見せる場面だからということらしい。

 華々しいプロスポーツの場に立つ選手にとって、神髄的な性根とは何だろうか。情熱や技術などいろんなものがあるだろう。だが最もプロとして見せたいものとなれば、やはり勝利となるだろう。

 25日にアウェーで開催されたJ2第31節のレノファ山口戦で、V・ファーレン長崎はしっかりと勝利を見せてくれた。この試合では、主力のカイオセザール選手が出場停止という不安材料があったものの、前半15分のエジガルジュニオ選手のゴールで勢いをつかみ、アグレッシブな戦いで山口を圧倒。3対1で勝利した。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文727文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集