特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段ー佐藤天彦九段 第13局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

盛り返す

 菅井がぐっと盤に迫り、前後に揺れている。[先]2六歩と突きだし、角にプレッシャーをかけた。「残り何分ですか?」と佐藤。何かに気付いたように顔を曇らせ、意を決したように[後]7五歩と突いて席を立つ。菅井は栄養ドリンクを盤側に出し、タブレット状のブドウ糖に手を伸ばした。

 [先]同歩で[先]同銀は[後]4六桂[先]2七金[後]5八歩成[先]同銀[後]同桂成で先手芳しくない。

 [後]4四歩は一見危険な突きだしだが、歩を入手すれば(1)[後]7六歩[先]6八角[後]5八歩成[先]同飛[後]6八角成[先]同金[後]8六飛のさばきや(2)[後]6五桂[先]6八角[後]7七歩と角を押し込んでから[後]8六飛と走る楽しみがある。菅井は構わず[先]2五歩と突き、[先]1六歩と端から逆襲。「あと何分?」と残り時間を尋ねるが、記録係は気付かない。聞き直し、菅井は盤に向き直った。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文808文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集