特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

実証実験 大阪「大都市こそ有意義」 福岡は参加店探し難航

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府の吉村洋文知事=石川将来撮影
大阪府の吉村洋文知事=石川将来撮影

 政府は30日、新型コロナウイルスのワクチン接種進展に伴い、10月中に始める行動制限緩和の実証実験の内容を公表した。13道府県の飲食店などを対象に、国が会食時に求めている「4人以下」の人数制限や営業時間短縮などを緩和するもので、「第6波」をにらんだ「ウィズコロナ」の取り組みが手探りで進む。

 13道府県は、北海道、埼玉、千葉、神奈川、石川、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、福岡、熊本、沖縄。事業者が入店者などのリストを作成。換気状態を計測し、後日にコロナ感染の有無に関するアンケートなどを実施する。

 「どうやって新型コロナと共存を図るのかという意味で有意義だ」。実験に参加する意向の吉村洋文・大阪府知事は、その意義を評価する。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1263文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集