特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

31歳浜崎、中1日で完投 NTT西に最後の切符 都市対抗近畿2次

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本製鉄広畑-NTT西日本】力投するNTT西日本の先発・浜崎=大阪シティ信用金庫スタジアムで2021年9月30日、梅田麻衣子撮影
【日本製鉄広畑-NTT西日本】力投するNTT西日本の先発・浜崎=大阪シティ信用金庫スタジアムで2021年9月30日、梅田麻衣子撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の近畿2次予選は30日、大阪シティ信用金庫スタジアムで第5代表決定戦があり、NTT西日本(大阪市)が日本製鉄広畑に3―2で逆転勝ちし、7年連続32回目の本大会出場を決めた。

 31歳の右腕・浜崎の力投が、NTT西日本に近畿最後の第5代表の座をもたらした。試合終了直後、右膝のけがで欠場が続いた後輩の日下部主将に抱きつかれ、ようやく表情を緩めた。

 完封勝ちした前回登板から中1日で臨んだ。二回に1死一、三塁のピンチを招くと、自らのバント処理ミスも絡んで2点を先取された。それでも「切り替えて、抑えていけばなんとかなる」と集中力は切らさなかった。なお1死満塁の場面で相手の3番打者を併殺に仕留めて切り抜けた。その裏、味方打線が3長短打ですぐさま同点。以降は伸びのある直球にチェンジアップやカットボールを織り交ぜて日本製鉄広畑打線に的を絞らせず、9回…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文726文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集