連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

渋沢栄一の故郷を巡る/上 心に響く「公益第一」の教え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
渋沢栄一記念館の講義室でアンドロイドを見る杉山里枝国学院大教授(右)と菅野蘭記者=埼玉県深谷市で、宮間俊樹撮影
渋沢栄一記念館の講義室でアンドロイドを見る杉山里枝国学院大教授(右)と菅野蘭記者=埼玉県深谷市で、宮間俊樹撮影

 「日本資本主義の父」と呼ばれる実業家で、2024年度から1万円札の顔になる渋沢栄一(1840~1931年)。NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」では、おしゃべりで強情な性格ながら、周りの幸せのために行動する主人公として描かれている。実際にはどんな人物だったのだろう? 経済史が専門で、渋沢を約20年にわたって研究する杉山里枝・国学院大教授にそのエピソードを聞きながら、渋沢の故郷、埼玉県深谷市で足跡をたどった。

 杉山さんとの待ち合わせはJR高崎線の深谷駅。まず驚いたのが、東京駅そっくりな赤レンガ調の立派な駅舎だ。実は東京駅に使われたレンガは、渋沢が地元に設立した「日本煉瓦(れんが)製造株式会社」の機械式レンガ工場で作られたのだという。深谷駅舎はその縁から、深谷市が進める「レンガを生かしたまちづくり」の一環として東京駅を模して建設され、96年に完成した。

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1639文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集