特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 4都県、酒類提供認める 百貨店は午後9時まで 宣言解除で変わる生活

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 各地に発令されていた新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言は9月30日で解除された。各種施設は、感染対策に留意しつつ営業内容を見直す方針だ。

 これまで飲食店に酒類提供の停止を要請してきた東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県は10月24日までの間、感染防止対策を徹底していると認証された飲食店には午後9時までの営業、同8時までの酒類提供を認める。千葉ではさらに厳しい基準をクリアした飲食店に限り制限を全て撤廃する。政府は認証を得ていない店での酒類提供も認める姿勢だが、4都県は非認証店での酒類提供を認めない。

 百貨店やショッピングセンターなどの大型商業施設に対しては、これまでより1時間延ばして午後9時までの営業とするよう協力を依頼する。スポーツやコンサートといったイベント開催は今後1カ月間、収容人数の上限を「定員の50%以内、最大1万人」とする。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文1005文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集