特集

菅首相長男接待

総務省幹部が「東北新社」に勤める菅首相の長男から接待を受けていた問題。特別扱いの構図が浮かび上がりました。

特集一覧

総務省接待問題 第三者委が最終報告「不自然な点は見当たらない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 放送事業会社「東北新社」やNTTグループによる一連の接待問題を受けて、総務省が設置した第三者検証委員会(座長・吉野弦太弁護士)は1日、最終報告書をまとめた。NTT持ち株会社のドコモ完全子会社化などを巡り、会食で行政がゆがめられたかどうかが焦点だったが、第三者委は「不自然な点は見当たらなかった」と結論づけた。その上で「情報通信行政に対する国民の信頼は大きく損なわれた」と指摘した。

 第三者委は6月、東北新社の外資規制違反について「総務省が認識していた可能性が高く、行政をゆがめたとの指摘は免れない」とする1次報告書を公表。その後、ドコモの携帯料金値下げやドコモ完全子会社化、東北新社へのBS放送の利用枠割り当てなどについて追加検証を進めていた。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文660文字)

【菅首相長男接待】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集