特集

COP26

COP26が10月31日、英グラスゴーで開幕。「パリ協定」スタート後、初の開催で、協定の実効性を占う会議となります。

特集一覧

ジョンソン英首相、COP26を気候変動問題の「終わりの始まりに」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジョンソン英首相=米ニューヨークで2021年9月20日、AP
ジョンソン英首相=米ニューヨークで2021年9月20日、AP

 ジョンソン英首相は9月30日、イタリアのミラノで開かれた環境問題に関する会合にオンラインで出席した。英グラスゴーで10月31日に開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向け、石炭、自動車、資金調達、植樹の4分野での変革を国際社会に求める考えを強調。COP26を気候変動問題の「終わりの始まり」とするよう呼びかけた。

 英国はCOP26で議長国を務める。4分野は具体的には、温室効果ガス排出量が多い石炭火力発電の廃止▽ガソリン車などの新車販売の停止▽先進国が途上国に対し気候変動対策として年間1000億ドルを提供▽植樹の拡大による二酸化炭素排出量の低減。ジョンソン氏は、石炭火力発電について先進国は2030年、新興国も40年までに廃止すべきだと訴えている。また英国がガソリン車などの新車販売を30年までに禁止するとし、…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文693文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集