眞子さま辞退の「一時金」とは 「元皇族の品位保持」のため支給

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
秋篠宮家の長女眞子さま=代表撮影
秋篠宮家の長女眞子さま=代表撮影

 秋篠宮家の長女眞子さま(29)が辞退する意向を示し、宮内庁が不支給を決めた「一時金」。結婚で皇室を離れる女性皇族に支給されないのは戦後初めてのことで、「眞子さまのお気持ちを最大限に尊重した結果」(同庁関係者)と言える。眞子さまの場合は1億円超が見込まれていたが、そもそも一時金とはどういうものなのか。

 皇室典範は女性皇族について「天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる」と定めている。その際、皇室経済法の規定で国費から支出されるのが一時金だ。理由は「皇族であった者としての品位保持の資に充てる」とされている。限度額は、皇族費(皇族に支払われる生活のための諸経費)の年額の10倍と定められている。ただ、実際に支払われる額は首相が議長を務める「皇室経済会議」で決まる。一時金は所得税法の…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1107文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集