特集

部活クライシス

学校教育の一環とされてきた部活動。教員の長時間労働や少子化などを背景に、従来の活動が成り立たなくなりつつあります。

特集一覧

公立校教員の残業代訴訟、請求を棄却 さいたま地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
さいたま地裁=平本絢子撮影
さいたま地裁=平本絢子撮影

 埼玉県の公立小学校に勤める男性教員(62)が、勤務時間に応じた残業代が支給されないのは労働基準法に違反するなどとして、県に未払い賃金として242万円を請求していた訴訟の判決で、さいたま地裁は1日、教員側の請求を棄却した。一方、石垣陽介裁判長は、公立校の教員に時間外勤務手当などを支給しないと定めた教職員給与特別措置法(給特法)について「教育現場の実情に適合していないのではないか」と付言し、国などに同法や給与体系の見直しなど勤務環境の改善を図るよう求めた。

 給特法は、教員は仕事とプライベートの線引きが難しい職業で勤務時間の管理が難しいとの考え方に基づき、休日・時間外勤務手当を支払わない代わりに、月額給与の4%を「教職調整額」名目で払うと規定している。勤務時間外の部活動指導や授業準備などの日常業務は自主的活動とみなされて残業代が出ず、教員がどれだけ働いても国や自治体の財政負担が増えないため、教員の長時間労働を助長すると指摘されてきた。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1082文字)

【部活クライシス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集