島の高校でオンライン学習塾 生徒減で存続危機 今治市が事業費

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
数学の課題についての動画解説を端末で聞く生徒=愛媛県今治市伯方町有津の県立今治西高伯方分校で2021年10月1日、松倉展人撮影
数学の課題についての動画解説を端末で聞く生徒=愛媛県今治市伯方町有津の県立今治西高伯方分校で2021年10月1日、松倉展人撮影

 愛媛県今治市の島しょ部にあり、生徒減で存続の危機にある県立今治西高伯方分校(伯方島)、同今治北高大三島分校(大三島)の魅力を高めるための学習支援の場として1日、「地域未来チャレンジ塾」が双方で開校した。県立高ながら、「地域の主体的な動きがないと存続できない」(徳永繁樹市長)と、市が9月議会で支援事業費1010万円を組んで実現。地域や保護者らによる両分校の地元協議会とタッグを組んで進める。

 塾はリクルートのオンライン学習サービス「スタディサプリ」を活用する。伯方分校79人、大三島分校89人の全校生が参加し、受講無料。小学4年まで学習内容をさかのぼることも可能で、個々の理解度、進み具合に合わせて学習を支援する。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文854文字)

あわせて読みたい

注目の特集