特集

eスポーツ

全国高校eスポーツ選手権をはじめ、eスポーツに関する話題をお届けします。

特集一覧

「ゲームは学びの場」医師と考えるeスポーツとの上手な関わり方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
共生高校eスポーツ部員たちの健康状態を確認する神田教授(中央)=本人提供
共生高校eスポーツ部員たちの健康状態を確認する神田教授(中央)=本人提供

 世界で競技人口が1億人を超えるeスポーツはその人気の陰で、健康被害や依存症を懸念する声も少なくない。世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害」を国際疾病として認定するなど対策が求められている。2020年4月から、岡山県共生高校eスポーツ部のチームドクターを務める岡山大学医学部の神田秀幸教授(公衆衛生学)に、健康管理や依存症対策などへの取り組みについて聞いた。【聞き手・杉本修作】

 ――eスポーツの健康被害とはどんなものか?

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文1940文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集