1851年ロンドン~1970年大阪 「博覧会の世紀」展 写真や映像、当時の展示品など 歴史文化博物館 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1970年大阪万博の日本館の模型(手前)など当時を伝える資料が並ぶ
1970年大阪万博の日本館の模型(手前)など当時を伝える資料が並ぶ

 1970年に開催された大阪万博に至るまでの約120年にわたる博覧会の歴史を写真や映像、当時の展示品などを通じてたどる企画展「博覧会の世紀」が2日、長崎市の長崎歴史文化博物館で始まる。11月28日まで。【中山敦貴】

 2025年の大阪・関西万博を前に、博覧会の歴史を知り、その将来像を考えてもらおうと企画。世界初の博覧会として知られる1851年のロンドン万博など各国で開かれた博覧会にまつわる資料約540点が並ぶ。

 長崎でも長崎博(1879年)や長崎復興平和博(1952年)などが開催されており、パンフレットや映像などから当時の高揚感とにぎわいがうかがえる。国際産業観光博(1934年)の色彩豊かで異国情緒あふれるポスターは長崎市出身の美術家、中山文孝(1888~1969年)が手がけた。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集