特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

鴻巣友季子・評 『謎ときサリンジャー 「自殺」したのは誰なのか』=竹内康浩、朴舜起・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『謎ときサリンジャー』
『謎ときサリンジャー』

 (新潮選書・1650円)

衝撃の問い、創意に富む綿密な考証

 「バナナフィッシュにうってつけの日」の結末をめぐる、壮大で驚くばかりに緻密な考察の書である。「この短編にはこんなことが書かれていたのか!」と、読者は一ページごとに瞠目(どうもく)するだろう。

 米フロリダのリゾートホテルの一室で、三十一歳の男「シーモア・グラス」が幸せのさなかに拳銃自殺を遂げた――この短編のラストをこのように解釈している読者は多いだろう。しかし本書はまず、「死んだのはシーモアだったのか?」という衝撃的な問いを発する。次に「それは本当に自殺だったのか?」と。

 この短編の前半は、シーモアの妻ミュリエルがホテルの室内で母と電話で話すようすを描いている。その会話には、シーモアの名も出てくるので、この旅に同行していると思える。後半はビーチで若い男が少女とたわむれるさまが描かれ、この男はエレベーターで乗り合わせた女性が、彼の足をじろじろ見ていると妙な言いがかりをつけ、部屋に帰った後、妻の眠るベッドの横で、唐突に銃を自分の右こめかみに当て、引き金をひく。そこで小…

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1391文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集