ベネズエラ 通貨切り下げ、100万分の1に ハイパーインフレ対応

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1米ドル分の旧紙幣を数えるベネズエラの男性=カラカスで2021年8月5日、AP
1米ドル分の旧紙幣を数えるベネズエラの男性=カラカスで2021年8月5日、AP

 南米ベネズエラは1日、通貨単位を100万分の1に切り下げるデノミネーション(通貨呼称単位の変更)を実施した。ハイパーインフレに対応する狙いとみられる。ベネズエラでは2013年に発足した反米左派のマドゥロ政権下で経済危機が深刻化している。

 通貨は「ボリバル・ソベラノ」から0を六つ減らした「ボリバル・デジタル」に切り替わった。ベネズエラ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集