台湾防空圏に中国の戦闘機38機進入 TPP申請に反発、圧力か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台湾の総統府=台北市中正区で2020年2月2日、福岡静哉撮影
台湾の総統府=台北市中正区で2020年2月2日、福岡静哉撮影

 台湾国防部(国防省)は1日、中国の戦闘機など38機が台湾の防空識別圏に進入したと発表した。9月23日も戦闘機など24機が進入。台湾が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への加入申請をしたことに反発、中国が圧力を強化している可能性がある。

 進入したのは戦闘機「殲16」や対潜哨戒機「運8」、爆撃機「…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

あわせて読みたい

注目の特集