読む写真

真っ赤なフェラーリに「焼いも」のちょうちん 始まりは冗談から

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
焼き窯を載せた台車を引っ張りながら東京都日の出町内を走るフェラーリ=2021年9月23日、北山夏帆撮影
焼き窯を載せた台車を引っ張りながら東京都日の出町内を走るフェラーリ=2021年9月23日、北山夏帆撮影

 真っ赤な高級スポーツカー「フェラーリ」が、焼き窯をけん引しながら東京都多摩地域西部の日の出町内を走る。甲高いエンジン音を響かせながら「焼いも」と書かれた赤ちょうちんを揺らすアンバランスさに、道行く人も振り返る「すーぱーかーやきいも」屋だ。

 店主は町で自動車修理業を営む原田輝和さん(53)。2018年秋、焼き芋好きの妻奈穂さん(53)と夜にお酒を飲みながら「スーパーカーで焼き芋販売なんて面白いんじゃない?」と口にした冗談がきっかけに。「50歳になり、新しいことを始めたい」とすぐに準備。水上バイク用トレーラーを改造しフェラーリの後部を再現した台車に焼き窯を載せ、そ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

あわせて読みたい

注目の特集