内閣府、子育て支援企業に50万円助成 中小企業を後押し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
内閣府が入る中央合同庁舎8号館=東京都千代田区で2021年1月19日、赤間清広撮影
内閣府が入る中央合同庁舎8号館=東京都千代田区で2021年1月19日、赤間清広撮影

 内閣府は10月から、子育てと仕事を両立しやすい環境を整えた中小企業に、50万円を上限に助成する事業を始めた。育児休業の取得や業務負担の軽減を促す目的で、2027年3月末まで実施。両立支援が遅れがちな中小企業を後押しする。

 男性の育休取得率や残業時間の基準を満たし、厚生労働相から「くるみん認定」を受…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

あわせて読みたい

注目の特集