特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

繁華街や行楽地ににぎわいも「思ったより少ない」 宣言明け初の週末

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が全面解除されてから初の週末となった2日、各地の繁華街や行楽地は大勢の人でにぎわった。ただ、観光地の関係者の中には「思っていたより少ない」との声もあり、以前の日常が戻るまでにはもう少し時間がかかりそうだ。

 東京・銀座では2日、約半年ぶりに歩行者天国が再開した。台風で荒天の前日から一転、さわやかな青空が広がり、買い物客が行き交った。飲食店前には入店待ちの人々の姿もあった。

 歩行者天国を歩いていた東京都江戸川区の男性会社員(65)は行きつけのバーに向かう途中で、「外で飲むのは久々なので楽しみ」と笑顔だった。中央区の女性会社員(47)は「宣言が解除されて気分的に違う」と歓迎していた。港区の無職、山中せつこさん(70)も銀座を訪れるのは久しぶりといい、宣言解除を歓迎しつつ「ブレークスルー感染の話も聞くので、楽観できない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文2005文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集