早くもJ1残留、降格候補だったアビスパ福岡に何が起きたのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥栖戦の後半、ゴールを決めてチームメートに祝福される福岡の山岸祐也(中央)=ベスト電器スタジアムで2021年9月25日、平川義之撮影
鳥栖戦の後半、ゴールを決めてチームメートに祝福される福岡の山岸祐也(中央)=ベスト電器スタジアムで2021年9月25日、平川義之撮影

 サッカー・J1のアビスパ福岡が16日、6試合を残してJ1残留を決めた。

 「何かがおかしい」――。といっても悪い意味ではない。サッカーメディアに載った開幕前の予想で福岡は軒並み降格候補だった。5年おきに昇格しては1年で降格する「負の5年周期」を3度も繰り返していた福岡に何が起きたのか。キーワードは経営の「創造的破壊」だ。

 チーム人件費はJ2で2位だった昨季の約10億円から約17億円へと増額した。従来より資金を投入する様子に「アビスパは油田を掘り当てたのでは」と驚かれた今季、開幕から3試合は白星なしだったが、過去にJ1で3連勝が最高だったチームは4月中旬から破竹の6連勝。一時は5位に浮上し、8月25日には首位川崎を破るなど現在、勝ち点46で8位と健闘している。

 この日は神戸に終盤にゴールを許し、0―1で敗れたが、今季ここまで見せてきた組織的な守備から積極的にチャンスをうかがうなど対抗した。16位の徳島が敗れて勝ち点は29、17位の湘南は引き分けて同28。徳島と湘南が直接対決を残しているため…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1304文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集