巨人・坂本「すごい価値のあること」 史上最年少で400二塁打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
試合後、通算400二塁打達成の記念ボードを掲げる巨人・坂本
試合後、通算400二塁打達成の記念ボードを掲げる巨人・坂本

〇巨人5―4DeNA●(2日・東京ドーム)

 巨人が競り勝ち2連勝。同点の三回に坂本の史上最年少での400二塁打となる適時打などで2点を勝ち越し。その後、再び追いつかれたが五回にも坂本の犠飛で勝ち越し、このリードを守り切った。坂本は一回の先制犠飛を含めて3打点の活躍だった。

 甘い変化球を巨人・坂本が引っ張ると、鋭い当たりが左翼線を破った。追いつかれた直後、三回1死一、二塁の好機での一振り。打球が外野を転々とする間に坂本は悠々と二塁まで進んだ。プロ野球14人目、史上最年少32歳9カ月での400二塁打到達が、場内アナウンスやビジョンで紹介されると、球場全体から拍手が送ら…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

あわせて読みたい

ニュース特集