特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

広島・大瀬良に学んだJR九州・犬塚 エラー多発の暗雲払う先制打

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【JR九州-九州三菱自動車】六回表JR九州1死、中前打を放つ犬塚=北九州市民球場で2021年10月2日午後2時11分、吉見裕都撮影
【JR九州-九州三菱自動車】六回表JR九州1死、中前打を放つ犬塚=北九州市民球場で2021年10月2日午後2時11分、吉見裕都撮影

 プロ野球・広島の主力投手、大瀬良大地から学んだ準備の心構えが暗雲を払う一打を生んだ。2日に行われた都市対抗野球の九州2次予選第2代表決定トーナメント3回戦でJR九州が九州三菱自動車に8―2で快勝。チームは前日、5失策して西部ガスに敗れたが、この日は一回に3番・犬塚慶が先制の中越え適時三塁打を放ち、チームを勢いに乗せた。

 一回1死二塁、左打席に立った犬塚は2球目の甘い直球をはじき返した。打球は悠々と中堅手の頭を越えて先制。初球は引っかけ気味のファウルだったスイングをすぐさま修正した一打だった。前日は失策がことごとく失点に絡む嫌な負け方をしていただけに、チームメートは大騒ぎ。その後もチームは小刻みに加点し主導権を譲らなかった。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文583文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集