パートナーシップ宣誓制度 久喜市で1組手続き 今月導入 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
久喜市のパートナーシップ制度を利用し、宣誓した市内のカップル=埼玉県久喜市役所で2021年10月1日、萩原佳孝撮影
久喜市のパートナーシップ制度を利用し、宣誓した市内のカップル=埼玉県久喜市役所で2021年10月1日、萩原佳孝撮影

 久喜市は1日、LGBTQなど性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を始めた。事前に予約していた2人が市役所を訪れ、宣誓書など必要書類を提出した。

 戸籍上は女性だが、トランスジェンダーとして生きる30代と、20代の女性のカップル。2人は「久喜でも制度ができないかと、1年以上、何度も市のホームページを調べていた。待ちに待っていたので、純粋にうれしい…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

ニュース特集