特集

第80期名人戦

第80期名人戦・順位戦を特集します。名人戦棋譜は「棋譜・対局結果」から、順位戦は「順位戦」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段ー佐藤天彦九段 第13局の6

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

眠れる獅子

 菅井は駒台に手を伸ばし、溢(あふ)れんばかりの持ち駒を手早く整えた。[先]5三歩成は勝負手。代えて[先]3七桂が攻防手で、[後]2五桂を防ぎつつ[先]4五桂を見せている。「見えたら指してた」と菅井。

 午前0時。詰めろで迫り続けた佐藤だが、万策尽きて[後]5五歩と犠打を放った。「ここで手がないと」と佐藤。[後]2七成桂[先]同玉[後]3七歩の予定だったが、そこで[先]1八桂の受けを嫌った。「受けきる自信はない」と菅井。駒音高く[先]4六銀と繰り出し、眠れる獅子を呼び覚ます。次に[先]3三角成[後]同玉[先]5三飛成と進めば、まさに全軍躍動の寄せだ。

 菅井が凌(しの)ぎ続け、ついに形勢逆転。佐藤の手から扇子が落ち、大きな音を立てた。「失礼」と佐藤。[先]3五銀を見てさっと顔を覆う。深夜にため息が響き、秒読みに交じる。佐藤が投了を告げた。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文872文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集