連載

滝野隆浩の掃苔記

社会部・滝野隆浩専門編集委員のコラム。

連載一覧

滝野隆浩の掃苔記

「本人らしく」を支える

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「同じような研究会が全国にできればいいですね」と語る「身寄りなし問題研究会」の須貝秀昭代表
「同じような研究会が全国にできればいいですね」と語る「身寄りなし問題研究会」の須貝秀昭代表

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 新潟市に「身寄りなし問題研究会」というのがあるらしい。前回取り上げた新潟県魚沼市の「身寄りのない人への支援に関するガイドライン」の最終ページに、アドバイザーとして出てきた。どんな団体なのだろう。知りたくて代表の須貝秀昭さん(50)に会いに行く。

 須貝さんは新潟市内の地域包括支援センターに勤務する社会福祉士、看護師。ふだんは高齢者の相談に乗っている。研究会設立のきっかけは、4年前、新潟県立大の小澤薫准教授と実施した県内619の病院・高齢者施設を対象としたアンケート調査だという。身元保証人がいない場合は「入院、入所を断る」と17・4%が回答。実に6分の1以上が「経費不払い」などを心配して受け入れない実態が明らかになった。「法律に触れることを知っていても断っていた。それだけ現場は困っているということ。ショック…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文938文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集