特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

都民フ国政新党は「ファーストの会」 衆院選の候補者公募へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国政新党の党名「ファーストの会」を発表する地域政党「都民ファーストの会」の荒木千陽代表=東京都千代田区で2021年10月3日午後2時2分、宮間俊樹撮影
国政新党の党名「ファーストの会」を発表する地域政党「都民ファーストの会」の荒木千陽代表=東京都千代田区で2021年10月3日午後2時2分、宮間俊樹撮影

 小池百合子東京都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は3日、都内で記者会見し、国政進出に向けた政党「ファーストの会」の設立を発表した。新党の代表は都民フ代表の荒木千陽都議が務める。次期衆院選で東京の小選挙区を中心に候補者を擁立する方針で、候補者の公募を始めた。小池氏に対しては出馬の要請はしていないとしている。

 会見した荒木氏は、国政進出の理由について「(都民フ結党から)4年半、都民の声がなかなか国政の場に届かず、もどかしい思いを幾度となく繰り返してきた」と説明。「このまま都政にとどまっていては東京や日本の未来を切り開くことができない。強い危機感で立ち上がる決意をした」と話した。党の公約は今後発表する。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文700文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集