マーシャルで戦死の父 日記届けた戦友…二つの家族、76年後の対面

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
父の日記を届けてくれた原田豊秋さんの長女、鎌崎徳子さん(中央)と孫の永坂俊子さん(左)と初めて対面し、感謝を伝える佐藤勉さん=山梨市で2021年9月4日、西夏生撮影
父の日記を届けてくれた原田豊秋さんの長女、鎌崎徳子さん(中央)と孫の永坂俊子さん(左)と初めて対面し、感謝を伝える佐藤勉さん=山梨市で2021年9月4日、西夏生撮影

 2歳で別れた父の記憶はない。宮城県に住む佐藤勉さん(80)が、遠い南洋のマーシャル諸島で戦死した父を知るきっかけとなったのは、かの地でつづられた日記だった。戦地から日記を持ち帰ってくれた父の戦友、原田豊秋さんの家族にお礼を言いたい――。そう願い続けてきた佐藤さんが9月、山梨県で原田さんの家族に初めて会うことができた。日記をめぐる二つの家族の物語をひもときたい。

 「ああ、覚えています」。佐藤さんが大切にしている黒い小さな手帳を手渡すと、甲府市に住む原田さんの長女、鎌崎徳子さん(89)は目を細めた。14歳のころ、復員した父から「頼まれて持って帰ってきたんだよ」と見せられた記憶がある。<セメテ カドヤノ 天丼デモタベタイ。クサレタ タクアンデモ良ロシイ>と書かれた部分は特に印象に残っていた。「よっぽどおなかがすいていたんだよね」と思いをはせた。

 日記を書いた佐藤さんの父、冨五郎さんは、戦況の悪化により37歳という年齢で召集された。若い兵士が多い中、同じ1906年生まれだった原田さんとは「同年兵」として友情を深めた。「内地へは可愛い妻子を残してあるんだもの、ちょっと死ねないね」「日本は必ず勝つよ、勝てば帰れる。その日までお互いにがんばろうぜ」。原田さんが戦後、佐藤家へ送った手紙によると、2人はそんな言葉をかけて励まし合ったという。

 兵士たちが闘ったのは飢えだった。44年2月に米軍によってマーシャルが陥落した後、補給路を断たれた日本兵は小さな島々で自給自足を強いられた。腕の良い刀鍛冶だったという原田さん…

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文2366文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集