山岳紅葉の見ごろピーク 北アルプス・涸沢カール 今年は早め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 山岳紅葉の名所として知られる北アルプス穂高連峰の涸沢カール(長野県松本市)周辺で紅葉が見ごろを迎え、大勢の登山客が訪れている。氷河の浸食によって作られた標高約2300メートルの涸沢カールでは、ナナカマドやダケカンバなどの木々が赤や黄に色づき、色とりどりのテントとカラフルなコントラストを描いている。

 涸沢小屋によると、2日夜のテントが10…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文289文字)

あわせて読みたい

注目の特集