中古農機の物流拠点 国内外向け、結城に開業 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北関東リユースセンターに並ぶトラクターなど中古農機=茨城県結城市新矢畑で2021年10月1日、安味伸一撮影
北関東リユースセンターに並ぶトラクターなど中古農機=茨城県結城市新矢畑で2021年10月1日、安味伸一撮影

 結城市の結城第一工業団地新矢畑地区で1日、中古農機専門の物流施設が開業した。施設はネット型リユース会社のマーケットエンタープライズ(東京)が新設した「北関東リユースセンター」。主に東日本の農家から買い取るトラクターなどの国内外向けの拠点となる。

 センターは別会社の元工場を活用した鉄骨造り平屋2棟延べ約3660平方メートルの建屋で、トラクター450台分を格納でき…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集