きらびやかな音色、生配信 9、10日 横濱ジャズプロムナード /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「マイルス・デイヴィス没後30周年記念ステージ」に出演するトランペット奏者の高瀬龍一さん=横浜市中区で2021年9月27日、洪玟香撮影
「マイルス・デイヴィス没後30周年記念ステージ」に出演するトランペット奏者の高瀬龍一さん=横浜市中区で2021年9月27日、洪玟香撮影

今年は完全無観客 17バンド登場

 横浜の街からジャズの魅力を発信するフェスティバル「横濱ジャズプロムナード」(ジャズプロ、実行委員会主催)が9、10の両日、オンラインで開催される。新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮したオンライン開催は昨年に続き2回目だが、今年は完全無観客でライブを実施し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信する。主催者は「遠方の人にもジャズを楽しんでもらうチャンス」との期待を込めて、準備を進めている。【洪玟香】

 ジャズプロは1993年、「街全体をステージに」を合言葉に、市民とミュージシャンの協力のもと始まり、今年で29回目を迎える。毎年規模を拡大し、15万人を動員する日本を代表するジャズフェスティバルに成長。国内のみならず海外のミュージシャンの出演希望も増えており、世界に「ジャズの街・ヨコハマ」を発信している。

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1395文字)

あわせて読みたい

注目の特集