特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

野党、政権刷新にどう対抗? 短期決戦、発足直後の逆風を警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党両院議員総会に臨む枝野幸男代表(手前左)と福山哲郎幹事長(同右)=国会内で2021年10月4日午後2時56分、竹内幹撮影
立憲民主党両院議員総会に臨む枝野幸男代表(手前左)と福山哲郎幹事長(同右)=国会内で2021年10月4日午後2時56分、竹内幹撮影

 立憲民主党などの野党は4日、岸田文雄首相が衆院選日程を「19日公示、31日投開票」とする意向を固めたことに対し、「岸田政権も説明不足だ」「国会審議から逃げている」と一斉に反発した。野党間の連携強化で対決構図を明確にして対抗する構えだが、異例の短期決戦だけに、政権発足直後の「ご祝儀相場」による逆風を警戒している。

 「国民に説明せず、議論を避ける政治が続いてきたが、(菅義偉前首相から岸田氏に)表紙が変わっても本質は変わらない。衆院選の準備も進めてきたので、堂々と受けて立つ」。立憲の枝野幸男代表は4日のNHK番組でこう強調した。共産党の志位和夫委員長も「行き詰まった自民党の中でのたらい回しで、政治は良くならない。政権交代が必要だ」と同調した。

 4日に衆参両院の本会議で行われた首相指名選挙では、…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文1016文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集