特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

岸田首相、衆院選投開票は31日の意向 議員任期の満了後は初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相
岸田文雄首相

 岸田文雄首相は31日投開票での衆院選実施を明らかにした。これまで、26日公示、11月7日投開票の日程を検討していたが、1週間前倒しした形だ。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、新政権への期待が高いうちに選挙に踏み切るべきだと判断したとみられる。

 首相は4日の記者会見で「所信表明演説、代表質問を行った後、10月14日に衆院を解散し、19日公示、31日に衆院選を行う」と述べた。衆院選実施の理由については、新型コロナ対策や経済対策を進めるために「可能であるならば国民の信任を背景に、信頼と共感の政治を全面的に動かしていきたい」と説明した。

 14日の衆院解散から31日の投開票までは17日間で、戦後最短となる。衆院議員の任期は21日までで、任期満了後に投票が行われるのは現行憲法下で初となる。首相は「衆院の空白をできるだけ短くしなくてはいけない」とも述べた。11月7日投開票の場合、公示日が10月26日となり、同日に予定される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚と重なることも勘案したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文716文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集